基礎体温を測るようにする習慣を作りましょう

基礎体温を測るようにする習慣を作ることが妊娠のためには大切です。
今は若い人でも不妊に悩むカップルが増えています。
10人中3人の割合で不妊に悩んでいるというデータもあります。
不妊の原因は色々とあります。
環境ホルモンや生活のストレス、女性の晩婚化などです。
子供が欲しくてもなかなか授からないという状態は本当に精神的につらいものです。
若いときはあまり自分の体調やホルモンのことをよく知らないまま過ごしているかもしれません。
私もそうでした。

20代後半で結婚して、その後なかなか授からない時になって初めて産婦人科で検査を受けることになりました。
女性ホルモンのバランスが悪いのが原因でした。
自分のホルモンバランスを知るために手軽に出来る事は、基礎体温をつけるという事です。
生理が終わってから次の生理が始まるまでが1サイクルです。
そして前半の2週間は基礎体温は低温で推移します。
そして排卵日でガクンと一回体温が下がり、その後は高温期に入ります。
基礎体温というのは寝起きに測る体温です。
自分の基礎体温は沢山の情報を与えてくれます。
基礎体温を見れば産婦人科の先生ならその人の女性ホルモンのバランス、排卵がきちんとあるかどうかが一目でわかるからです。
ぜひ一度皆さんも基礎体温で自分のホルモンバランスチェックしてみてください。
妊娠 しやすいサプリ